.bash_profile/.zsh_profile(私用)

上司の設定とか見てみたい。

alias ll='ls -AlaF'
alias be='bundle exec'

# gitのリポジトリごとに設定するのが面倒なので、gitのエイリアスも設定してます
alias gs='git status'
alias gd='git diff'
aliad gc='git commit'

# cdで移動して、まずgit statusする習慣があるので、関数化している。
alias mp=mp
function mp(){
 cd /Users/kobachi/dev/my-project;
 git status;
}

# ssh-agentを都度起動して鍵をaddする
SSH_ENV=$HOME/.ssh/environment

function start_agent {
  ssh-agent > $SSH_ENV
  chmod 600 $SSH_ENV
  . $SSH_ENV > /dev/null
  ssh-add ~/.ssh/id_rsa
}

if [ -f $SSH_ENV ]; then
  . $SSH_ENV > /dev/null
  if ps ${SSH_AGENT_PID:-999999} | grep ssh-agent$ > /dev/null &&
     test -S $SSH_AUTH_SOCK; then
  else
    start_agent;
  fi  
else
  start_agent
fi

# git入力補完
source ~/.git-completion.bash

# ruby
export PATH=$PATH:/Users/yuka/.rbenv/shims
# node
export PATH=$PATH:~/.nodebrew/current/bin:$PATH
# go
export PATH="$HOME/.gobrew/bin:$PATH"
eval "$(gobrew init -)"
# PlayFramework Path Setting
export PATH=$PATH:/opt/play-1.2.7.2

# historyの数を100000に設定
export HISTSIZE=100000
# 重複するコマンドは記録しない
export HISTCONTROL=ignoredups
# よく使うコマンドは記録しない
export HISTIGNORE="history*:cd*:git*"
# 履歴のフォーマットを {no} yyyymmdd hh:mm:ss {コマンド}にする
export HISTTIMEFORMAT

.git-#completion.bashをダウンロードして置く。

参考:Using ssh-agent with ssh

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク