ATOM 使い方備忘録

私もようやくAtomを導入したよ!

ショートカット

なかなか覚えられないやつら。

コマンドパレット Ctrl + Shift + P
ルート以下のファイルのリストを表示 Ctrl + T
開いているファイルのリストを表示 Ctrl + B
単語の先頭へ Option + ←
単語の末尾へ Option + →
インデントを一つ追加 Cmd + ]
インデントを一つ削除 Cmd + [
ブックマーク追加解除 Cmd + F2
次のブックマークへ F2

プラグイン

入れるように指導があったものと、いいなと思っていれたもの。

linter-eslint
es6のシンタックスチェック。

pretty-json
jsonを整形。
コマンドパレットでpretty-jsonと打つと実行される。

atom-beautify
いろいろな言語をシンタックスをきれいにしてくれる。
プロジェクトファイルペインで右クリックメニューに追加される。

script
cmd+i で開いているコードをエディタ上で実行してくれるらしい。

autocomplete-plus
タイプ中に補完候補を自動的に表示してくれるらしい。
デフォルトでは自動補完が無効なので、package設定からauto completionを有効にする必要あり。

rubocop
rubyのシンタックスチェックらしい。

linter-erb
rubocopがerbの中のrubyをチェックしてくれなかったので入れた。

multi-cursor
複数行選択ができる。
Optionを押しながら↑↓キーで行を選択。

file-icons
ファイルの種類のアイコンを表示してくれる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク