gcc ライブラリとは?

ぐっと詳しいことはwikipediaGCCの最適化をご確認ください。

Cとか専門的にこの世界に入った方には常識でしょうが、webデザインや、コーディングから少しずつサーバの勉強を勧めている人にはなんだろうこれなライブラリだと思います。

gccライブラリとはGNUコンパイラコレクション(GNU Compiler Collectio)、GNUのコンパイラ群です。

もともとはC言語用のコンパイラで、GNU C Compiler の略でした。

以下の話は、なんかよくわからないけど、centOSであれば最初に、

yum install php git gcc gcc-c++ openssl-devel

のような感じで、入れろと言われるから入れることが有ると思うのですが、これってなんなんだという方向けのお話です。

gccとは

簡単に言えば、コンパイラです。

centOSの場合、rpm経由でインストールせず、ソースコードを直接ダウンロードしてコンパイルしてインストールするようなシーンでは、gccなどのコンパイラが利用されます。

サーバーにいろいろ手動でインストールしている際にC言語で書かれたウェアをインストールするために、次のようなコマンドを打ったことは有るんじゃないでしょうか?

# ./configure 
# make
# make install 

まさに、これに必要なライブラリです。

それ以外でも、nodejsを入れようと思ったりしたときにこれがないとエラーが出たりします。

gcc-c++ とは?

C言語の兄弟のようなC++をコンパイルする用のライブラリです。

C++で書かれたライブラリをコンパイルするのに必要です。

gccがインストールされているか確認

$ rpm -qa | grep gcc

ちょっとネタが少ないので、もう少し調べたら追記します・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク