webpackドキュメントトップページを読む(駄記事)

webpackのトップページには8つfeatureみたいなのがあげられています。
少しでも理解が進めばと思い読んでみましたが、下記の有様でした。
それぞれ、ちゃんと読み進めないと理解は出来なさそうでした。

プラグイン

webpack has a rich plugin interface. Most of the features are internal plugins using this interface. This makes webpack very flexible.

webpackはリッチなプラグインインターフェースを持っています。
内部プラグインがこのインターフェースを使うのが特徴の殆どです。

パフォーマンス

webpack uses async I/O and has multiple caching levels. This makes webpack fast and incredibly fast on incremental compilation.

webpackが使う同期入出力は、複数のキャッシュレベルを持っています。
これはwebpackの追加コンパイルを信じられないほど早くします。

Loaders

webpack supports pre-processing files via loaders. This allows you to bundle any static resource not only javascript. You can easily write your own loaders running in node.js.

webpackはローダー経由のプリプロセッサーをサポートしています。
これによりjavascriptに限らない静的なリソースを包む事ができます。

サポート

webpack supports AMD and CommonJs module styles. It performs clever static analysis on the AST of your code. It even has an evaluation engine to evaluate simple expressions. This allows you to support most existing libraries.

AMDとCommonJs module stylesをサポートしています。

Code Splitting

webpack allows to split your codebase into chunks. Chunks are loaded on demand. This reduces initial loading time.

webpackは指定した形へコードの分割を許可しています???
これにより、初期の読み込み時間を短縮できます。

最適化

webpack can do many optimizations to reduce the output size. It also cares about request caching by using hashes.

webpackは多くの最適化を使うことができ、出力サイズを減らす事ができます。
ハッシュを使う事で、リクエストキャッシュへ気を使ってくれる・・のかな?

開発ツール

webpack supports SourceUrls and SourceMaps for simple debugging. It can watch your files and comes with a development middleware and a development server for automatic reloading.

webpackはシンプルなデバッグ用にSourceUrlsとSourceMapsをサポートしています。
開発用のミドルウェアと開発用自動更新サーバーで、あなたのファイルを監視します。

Multiple targets

webpack’s main target is the web, but it also supports generating bundles for WebWorkers and node.js.

webpackのメインターケットはウェブですが、webWorkerとnode.jsのバンドルの生成もサポートします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク