apacheでvitrualhostしつつssl設定

最近業務で扱うWebサーバはnginxばっかりなところにapache。
言うても1つのサーバで1つのsslというのはなくもなかったのだが、virtualhostで複数サイトが同居しているサーバでの設定が分からなくて困った話し。

環境

centos/6.6
apache/2.2.15
ssl証明書/rapidSSL

環境が古いのはご愛嬌を…

apacheのSSL設定

rapidSSLから届いた証明書と中間証明書をdomein.crtにコピペする。
なんかそれらしいディレクトリ(/etc/httpd/conf/sslkeys/)があったのでそこに保存。

メールで届いた証明書と中間証明書をvhost.confに記載して再起動する。

が、google chromeで「サイトの証明書チェーンに問題があります」とエラー。

ssl.confはくっそ長くて、特によく見てなかったので、一つしかsslの設定が書けないんじゃないかと思い込んでいたが、よくみるとvconfと同じように

 < VirtualHost _default_:443> </VIrtualHost>

で(ほぼ)全体が囲まれている事に気づいた。
DocumentRootもServerNameもコメントアウトされているけどいるじゃん。

vconfの443の設定をssl.confに移したらchromeで鍵が緑に!

めでたしめでたし

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク